Frankfurter Speciality
Green Herb Sauce

Grünedonnerstag(緑の木曜日=聖木曜日)
という日が ドイツにあります。

イースター(復活祭)直前の木曜日にあたり、
今年は 4月1日(木)でした。

この 「緑の木曜日」 に ちなんで
フランクフルトの名物料理 Grünesoße
(グリューネソーセ:緑のソース)
を 夫が作りました。




毎年 この時期になると
フランクフルトのスーパーや市場では
「春の七草」が出回ります。

 Frankfurter Grünesoße 
     フランクフルト名物 グリーンソース用 春の七草

 こんな↑感じで
大きな紙包みに入った 春の七草。



この包みを開けてみると・・・・・・


7種類のハーブが どっさり入っています。


それでは、ここで
材料&作り方を 簡単にご紹介。



*******【材料&作り方】******************

①ドイツの七草
パセリ、スイバ、チャイブ、チャービル
ルリヂサ、ピンピネル、クレス
を洗って、細かく刻んでおきます


Saure Sahne:サワークリーム
Crème Fraîche:クレームフレッシュ
(ない場合は ヨーグルトで代用)に


レモン汁、塩、マスタードを加えて

④細かく刻んだ七草を混ぜれば
できあがり!
(ミキサーを使うと早いです)

******************************************

簡単ながらも
大量の七草を ひたすら刻む
単純作業が大変で


ここ数年 私は作らなくなり、
代わりに 夫が張り切って
作るようになりました。(^-^)




そして、今回できあがったのが 
こちら↓

Grünesoße 春の七草 緑のソース(夫作)

今年は 鮮やかな緑色になりました!
(写真映りはイマイチですが)



この緑のソースに
普通は ゆで卵を添えて
いただくのですが・・・・・・

今年は なぜか ゆで卵が
添えられていなかったので

セルフで
冷蔵庫にあるハムを添えました。 



でも、ハムなど要らないくらい
緑のソースが とても美味しい
できばえで

クリーミー & ほどよく酸味も効いて、
そして何よりも
七草の香味が も~う たまりません!


旬のものをいただくと
味覚だけでなく 体も
大喜びするのが分かりますね。



普段 あまり料理をしない夫ですが、
こういう「季節の行事料理」は
大切にしたいようで

最近では 
ドイツの行事料理を作るのは
徐々に 夫へと 移行しつつあります。
ウッシッシ


が、しかし
ヘッドフォンで音楽を聴きながら
料理していた夫、

使っていたミキサーの空回り音に
気づかず、見事に壊してしまった
というオチが ありました。 トホホ

やはり、料理をするときも
聴覚を含めた 五感すべてを 
使うことが 大切ですね。

ちょっとディープな ドイツ
スポンサーリンク
おすすめ記事