Gypsies in Europe

こんにちは。ピイル めぐみ(Megumi Piel) です。

今まで40ヵ国以上を旅した末に 現在ドイツに住んでいる中で、私自身が出会ったジプシーについて書いてみたいと思います。

ジプシーの起源

ジプシーの起源はインド北西部と言われ、15世紀にはヨーロッパ各地へと流れてきた移動型の民族。ヨーロッパの他にもロシアや中央アジア、中東にも居住しています。

ジプシーという呼び名は差別用語だという見解もありますが、実際のところ ロマ、ドム、シンティ、バンジャーラなど様々なグループがあるため、ここでは総称としてジプシーという名称を使いたいと思います。

住居

移動型民族であるジプシーの多くは、移動可能なワゴンで暮してきました。

こんなふうに馬車で移動していた時代があったのですね。 昔は舗装されていない道をガタガタ揺られながら、新天地へと向かったのでしょう。

このジプシーワゴン、可愛らしく装飾されたアンティーク調のものが現在もあります。

一度はこのワゴンの中で泊まってみたくなりますね。

現代のジプシーワゴンといえばキャンピングカー。
この写真のようなキャンピングカーで生活していることもありますが、近年はアパートや一般の家屋に定住しているケースが多くなっています。

フランクフルトにあるジプシー居住区


あまり知られていませんが、現在私の住んでいるフランクフルトにもジプシーの居住している地区があります。
その地区は一般の住宅地から少し離れた所にぽつんとあり、それほど広くない一帯にキャンピングカーや簡素な小屋が並んでいて、20世帯くらいが住んでいます。集落の周りはフェンスで囲いがしてあるため、ふらりと入り込める雰囲気ではありませんが、子供も大人も老人も住んでいて、ペットの小型犬がいたり、自動車もあり、水道も電気も通っていて、現代的な日常生活が営まれています。
しかし この集落はドイツで一般的に許可されている住居の条件を満たしているようには見えないので、特別な措置がとられているのかもしれません。

この写真はフランクフルトのものではありません

各国に散在しているジプシーの暮らし

ヨーロッパ、ロシア、中央アジア、中東などに分散して各地に居住しているジプシー。彼らはその地域の言語(ドイツではドイツ語、イタリアではイタリア語、ロシアではロシア語など)を一般共通語として話しますが、彼らの間では独自の言語を使っています。

気になるのは生活の糧となる職業についてですが、彼らの就いている職業は、季節労働、サーカス、行商、 牛馬の売買、占い師、エンターテイナーなど様々。あまり一般的ではない特殊な仕事を担っているのが特徴的ですね。

スリ集団に囲まれてしまった私の経験

彼らが生活する上での収入源として、ごくまれにスリを働く集団もあります。
私自身イタリア・ミラノの歩道を歩いているとき、突然5-6人の女性子供のグループに囲まれ、ジーンズの前ポケットに入れていた財布をすられそうになった経験があります。すられる前に大声を出して振り切ったので、彼らは散り散りに逃げ去りました。
幸い被害はなく一安心したものの、昼間の安全な場所であっても怪しげな人がいないとは限らず、特に初めての場所は注意が必要だと気を引き締め直しました。

こういった負の経験談を伝えると、ジプシーの人々すべてに負のイメージがついてしまうかもしれませんが、親切にしてもらった経験もあるので、ここでご紹介したいと思います。

ジプシーにご馳走になった経験

以前、ポーランドのワルシャワで友人宅から一人で外出したとき、ジプシーの住んでいる地区を通りました。
詳しくははぶきますが、偶然通りかかったその場所にいたのはジプシーのお母さんと少年少女たち3-4人。お互いに言葉は通じないものの意気投合して、近所の青空市場へと一緒に歩いて行くことになりました。市場を一通り見終えたところで、「これからお昼を食べるから、家へおいで」というのでお邪魔することにしました。
アパートに着いたら、さっそくキッチンでイワシを開いてフライにして、ジプシー家族の皆と一緒に、揚げたてのイワシフライを頂きました。
ついさっき出会ったばかりの見ず知らずのアジア人(私)を自宅に招き入れ、食事を一緒にする……そのオープンさと軽いノリ、懐の深さ・・・・・・。個が確立しているヨーロッパの地で、久しぶりに「あなたも私もみんな兄弟」という温もりに触れた経験です。
 ※すべてのジプシーが親切というわけではありません。また見ず知らずの人の家に行くことはリスクが高いのでオススメはしません。

外見とファッション

外見の特徴は、肌の色が浅黒いインド系の顔立ちをしたグループもあれば、金髪に青い目をしたヨーロッパ系のグループもいます。外見上ジプシーだと分からない場合も多々ありますが、見分けやすい例を挙げるとこんな感じ。


伝統衣裳はグループによって異なりますが、 上の写真はどれも素敵な民族衣装ですね。女性のファッションの特徴としては、長い髪に長いスカートが基本。

都市部にいるジプシーの現代ファッションはこんな感じ。


写真左:少女達も長い髪に長いスカートが好み。
写真右:ドイツでよく見かけるジプシーは、黒を基調にしたモノトーンな色を身につけていることが多い。

特に同じ土地で何世代にも渡って暮している場合は、一般の人々と同じように街に住んで、普通の服装をして、一般的な職業に就き、一般と何ら変わらない生活をしているため、ジプシーの末裔だということがまったく分からないケースも多いです。

これほどの美女にはなかなかお目にかかれませんが、エキゾチックな魅力がありますね。


音楽や踊りを愛する彼らは、その自由奔放で陽気な踊りと、熱くて少しメランコリックなメロディーが特徴。
彼らが生まれながらに持っている音楽センス、色彩センス、人間臭さと神秘的な魅力は、多くの人を惹きつけます。

最後に

この地球上では定住する人口が多い中で、あちこちへ流浪して暮してきたジプシーは少数派であり、 彼らの生活スタイルや職業、マナーが一般の常識とは違うことから、 各地で「招かざる客」として迫害されたり差別を受けてきた過去があります。


しかし各地域に溶け込みながら、独自の文化を保ち続けてきた その存在感とたくましさには感動をおぼえます。
また、彼ら特有の優れた芸術的センスを生かして、エンターテイメント界で活躍する人達がいます。
欧米のヒッピーや若者、芸術家たちからは憧れの存在として支持されていることからも分かるように、彼ら独自の文化とセンスは、エキゾチックな魅力にあふれています。


スポンサーリンク
おすすめ記事