My caricature
by my son
now and then

今回は 親ばか記事を
アップしたいと思います。

少し前、小学生の息子が
とつぜん思い立ったように
私の似顔絵を描いてくれました。

絵:私の似顔絵 by 息子

                

上手いか下手かは別として、
自発的に描こうと思った
の気持ちが嬉しかったです。

ところで、描くときに
実物の私を見てくれても
良かったのですが

写真を見ながらのほうが
描きやすいとのことで

 

写りの良い写真を選んで見せる私

この写真を
携帯画面で(!)見ながら
描いていました。

立体的な実物よりも
平面的な画像のほうが
線をとらえやすいのでしょうね。


とはいえ、
携帯画面を見て似顔絵を描く
という発想が私にはなかったので

「今どきだな~」 と
世代の違いを感じました。

こうして
世代の違いを感じると同時に
子供の成長を垣間見るとき
昔を思い返します。

何も描けなかった幼児が
クレヨンや えんぴつを握り

紙に向かって
人の顔を描くようになったときは
感動しましたよね。

絵:4歳頃に描いた私の似顔絵 by 息子

 

誰もが こうやって
肉体的な不自由を克服しながら

体を使って 
懸命に何かを表現する。

そんなことができるのは
こうして物質界に生を受けた

私たちの特権であり
大きな喜びですね。

スポンサーリンク
おすすめ記事