アフリカ大陸を ケニア→タンザニア→ザンビア→ジンバブエ と移動する旅は、距離にすると約3000㎞。 飛行機で飛んでしまえば楽ですが、せっかくアフリカへ来たからには現地の様子を肌で感じたいと思い、 できる限り 陸移動をしようと考えていました。 
 しかし、ロンドンから飛行機でナイロビに着いてみると、情勢が不安定で、治安もおそろしく悪い。    

    着いて早々、なんと 街で暴動が起こって外出禁止令が発令される。泊まっていた安宿に缶詰め状態になってしまい、 もうこのままナイロビから出られないのではないかと一時は不安に。 

 
 幸いにも 事態は一週間ほどで落ち着いたけれど、街は騒然としていて 果たして このままアフリカを旅して大丈夫なのか、 あるいは帰りの飛行機を手配してロンドンへ戻った方がいいのか・・・・・・。   
 旅を始めたばかりの初心者にとって、アフリカはハードルが高すぎたと後悔したけれど、 もう来てしまったし、せっかくアフリカの地を踏んだのにナイロビだけで終わってしまうのは惜しい気もする。   


 そんな中、これからジンバブエまで行くという旅仲間がいたので、 覚悟を決めて ケニアからジンバブエまでの陸路移動の旅に加わらせてもらうことに。   
 一緒に行くことになったのは、男性2人+女性1人(私)の3人。 それぞれ一人でアフリカに来ていて、私以外は旅慣れた「ツワモノ」だけど、アフリカは初めてだという。 男性であってもできるだけ単独行動は避け、特に初めて行く場所やこれから始まる長距離移動は、いつ何が起こってもおかしくないので、緊張の連続になります。  

  実は、アフリカで写真を撮りたい場面が沢山あったのですが、 とてもカメラを人前で出せるような状況ではなかったので、 結果的にアフリカで4〜5か月も過ごしたのに、写真がとても少ないのです。
 安い腕時計でさえ、
「腕につけていると、腕を切ってでも持っていかれるよ」  なんて冗談のような、でも ありえる話として聞きました。 
 ※アフリカの庶民の状況について「社会の底辺あたりで過した5ヵ月 in 東アフリカ」で少し詳しく書いています。  


 こんな状況のもと、3人でのアフリカ3000㎞の旅が始まりました。     アフリカは広大で 公共交通手段があまり発達していないため、町から町へと乗り合いタクシーを小まめに乗り継いで、 途中の町や村で 宿に泊まりながら、また乗り継ぐ。  
 長距離バスがある区間は乗換が少なくて助かるけど、 いざ乗り込んでみると穀物や家畜を積んだ超旧型バスで、 地元の人達とともに砂埃にまみれてバスに揺られ、 時には乗っていたバスが故障して荒野で ぽつんと立ち往生…… しかし何ともできないので、運転手が修理するのを何時間でも待ち、 故障が直ったところでまたバスに乗って先へ進む…… という 気の遠くなるような道のりを経て、 ようやく列車で快適に移動できるタンザン鉄道までやって来ました。 
 ※タンザン鉄道:タンザニア~ザンビアを結ぶ鉄道で距離は約1860㎞、所要時間は丸2日。    

    快適といっても、2等の寝台列車でラグジュアリー感は特にありません。 また、運行は一週間に2本のみなので、現地の駅で切符手配してから乗車までに数日は待つことになりますが、 この広い広いアフリカの大地では、何ごとも ポレポレ。 
 ※ポレポレ:スワヒリ語で 「ゆっくり ゆっくり」 という意味。   

 それにしても、列車はスペースが広くていい。 車内を歩き回ることもできるし、線路の上なので、 悪路を走る超旧型バスのような激しい揺れがなくて とても楽チン。     
 丸二日間の列車の旅では、途中で停車するとその土地の人々が一斉に線路際に集まってきて、 果物、トウモロコシ、干した肉や魚などを売りこみます。

  欲しいものがあれば窓越しに買って、小腹が空いた頃に 列車に揺られながら食べるのですが、 その土地で採れたものをいただくのが楽しくて、とても美味しい!   
 そして何よりも、たった数分の買い物のやりとりでも垣間見える、アフリカ人の笑顔がたまらない。 顔いっぱいに笑い、体じゅうから喜びがパーッとはじけて、太陽のようにエネルギッシュ。 
 そんな笑顔を向けられて、鮮やかなパンチを喰らったような、一気に目が覚めるような心地でした。    

 一時はナイロビの暴動で怖くなって、アフリカを一刻も早く出たいと思ったけれど、 運良く 旅慣れた仲間に出会い、ギリギリのところで覚悟を決めてここまで来れて、 この土地で暮らす人々の鮮やかな笑顔に出会えて、本当に良かった。  
 つづく…… 

  次回は
「列車で国境を越え、警察署で泊まる in ザンビア」
 をお送りします。

スポンサーリンク
おすすめ記事