前回の記事「ナイロビを出発して ジンバブエを目ざす」のつづき です。   

 初めてのアフリカ旅は ロンドンからナイロビへ着いた直後に暴動が起こり、  ナイロビ市内の安宿にしばらく缶詰めになりましたが、 事態が落ち着いたのを見はからってナイロビを出発。 3000㎞南にあるジンバブエを目ざします。   

乗り合いタクシーや超旧型バスを乗り継いで、途中の町や村で 宿に泊っては体を休め、 その土地が気に入るとしばらく滞在し、また次のバスに乗り込んで 先へ先へと進みます。 

町のバスターミナル

    

 砂ぼこりにまみれて半日以上もバス移動していると、 黒髪のストレートは 灰色になって逆立ち、
鼻の中は砂でザリザリになり、あまりの振動つづきで腸がねじれそう。 
 ああ、アフリカの陸路移動がこんなにタフだとは……。   地元のアフリカ人たちにとっても長距離バスの移動は厳しい様子で、 目をつぶって激しい揺れにひたすら耐えている。 
 『お互い大変だね』 という労い(ねぎらい)の気持ちが湧いてきます。    
 『あと○時間でバスを降りられる(故障がなければ!)』  と カウントダウンしながら祈るような気持ちで揺られ続けた末に、 ようやく鉄道の通っている区間までたどり着きました。 タンザニア~ザンビアを結ぶタンザン鉄道で、1860㎞を丸二日かけて移動します。 

タンザン鉄道の窓から Tanzania

 このタンザン鉄道では、2等の寝台を確保できて、バス移動とは比べられないほど快適な二日間。  
途中、タンザニア/ザンビアの国境で列車はしばらく停車し、 私たち乗客が出入国の手続きを終えたところでまた発車。 無事ザンビアに入国できたので列車で残りの一日を過ごし、 快適だったタンザン鉄道はあっという間に 終着駅へと到着しました。

 次はザンビア/ジンバブエの国境を目ざして、またバスの乗継ぎです。    
ところで、今回のアフリカ移動は ケニア→タンザニア→ザンビア→ジンバブエを陸路で約3000㎞。  

  今 ザンビアなので、最終目的地のジンバブエまであと少し。 そんな時、バスの乗継ぎがうまくいかないことがありました。    

小さな町にバスが到着したのは、なんと真夜中。電灯もない真っ暗なバス停で、バスのライトが照らした先には目を疑う光景が……。   
 暗闇の中で、30人くらいの人が屋根もない空き地の地面にゴロゴロと横たわって寝ている。 この人達は誰?なぜ地面に寝ている?もしかして明日のバス待ち? ……状況が飲み込めないので、乗っているバスの窓から周りの様子を見ていると、 運転手からは ここが終点だからバスから降りるように言われ、仕方なく降りる。  

 この町は計画停電しているのか、見当たるのは薄暗い電灯2つだけで、それ以外はすべて暗闇。 すぐ近くには見知らぬ人々が地面にゴロゴロ寝ている。
 ……こりゃ まずい。   暗闇で見知らぬ人々に囲まれるのは避けたいので、 一緒にいる旅仲間2人と共に、 とりあえず道路脇にある電灯の下へ行って 安全策を考えてみる。 さて、今から どうしよう…… 電灯の下で 3人が交代して眠って、朝が来るのを待とうか。 いや、夜明けまで まだ6時間位あるし、長旅で疲れているから、3人そろって眠ってしまいそう。
  野宿をして、目覚めたときには身ぐるみ剥(は)がされていたという話はよくあるし、どうしたものか……。   ここより もう少し安全で落ち着ける場所を探すことにして、 懐中電灯で足元を照らしながら、3人とも疲れた体でとぼとぼ歩く。  

 しばらく歩くと警察署らしい建物があったので、ダメモトで玄関先から声をかけてみる。 
 少しして真っ暗な建物の中から男性が出てきて、ここは警察署だという。 宿直だったその警察官に
私たちは事情を話し、 どこでもいいから今晩だけ泊めてくれないかと頼んでみる。 すると、玄関ならいいと言う。 おお、ラッキー!   
 真っ暗なので この警察署の様子は大まかにしか分からないけれど、 小さいながらも割としっかりとした建物でコンクリート張りの床、 玄関ドアの中は屋根もあるし、今の私たちにとっては好条件。 ありがたく 警察署の玄関で泊めてもらうことに。   

 ただし、発展途上国のお役人は権力を笠に着てワイロを要求することがあり、 ここできっと、泊めてもらう見返りに金品を要求されるだろうと思っていたのですが、 タバコを5~6本でOK、という良心的な警察官で良かった。   

 こうして、激疲れだった私たち3人はそれぞれの寝袋を出して、 ザンビアにある小さな町の警察署の玄関の床で川の字になって朝まで眠ったのでした。 

 次回は 「国境 ヴィクトリアの滝を越え バオバブの木に出会う in ザンビア・ジンバブエ」をお送りします。

スポンサーリンク
おすすめ記事